2019/01/31

書く

旧暦の正月(ごろ)に書き初めを、
というワークショップに参加してきた。

最初に思いついた、抱負的な言葉を書いた。
















発想が年寄りっぽくて我ながら脱力したが、まあいい。
健康でありたい、というほど切実ではなく、
健康でないと仕事も滞るから気をつけよう、
ぐらいに思うことにした。

2019/01/15

時代

市原悦子さんの訃報に、自分でも驚くほど
大きな衝撃を受けている。

昨夏には、常田富士雄さんが亡くなった。
おふたりで、まんが日本昔ばなしの語りを担った。

男声の常田さんも女声の市原さんも、
それぞれがたったひとりで
老若も性格も問わず様々なキャラクターを演じ分け、
完璧に物語の世界を成立させていた。

20年もの長い期間、土曜の夜7時という
もっとも家庭に近い時間帯で放送されて、
その後も何度も再放送や特別編成で復活していた。

10年ちょっと前に「ごんぎつね」が放送された。
ラストの常田さんの声の切なさは、
いまも忘れられずにいる。

僕にとっての存在の重さで言えば、
子供の頃に見たどのテレビ番組よりも大きいのである。

おふたりとも、次の年号を見ずに亡くなった。
トーク番組や他のドラマでお声を聞いて、
まんが日本昔ばなしのワンシーンのようだと
嬉しくなることは、もう二度とない。

糸を引くようにほそくほそく続いてきたなにか、
子供時代につながるなにかが、
ぷっつりと切れて終わったように感じられた。

どうか安らかにお眠りください。



2019/01/12

平成最後の

昨年後半ぐらいから、年中行事には
何につけても「平成最後の」と枕詞がついた。
猫も杓子も、というような言葉遣いは
あまり好きではないが、事実として
平成最後の正月が終わった。











元旦は、さらっと雪が降った。長くは積もらなかった。
電話もメールも来ず、本を読んでいれば
いつまでも静寂の世界である。
元号はどうあれ、なにも変わらない正月であった。

2018/12/31

一年の終わり

今年もあと6時間ほどで終わる。

本業の設計では新築、改修、改装など
様々なかたちでお声を掛けて頂いたが、
あたらしく間借り本屋という試みも始めて、
かなり心忙しい一年だった。

ご協力くださる方々にも恵まれて
順調に始められたが、来年以降、
きちんとした形で根を張れるように
腰を据えて取り組もうと思う。


ついでと言っては失礼ですが、ご紹介をふたつ。
今までになかった新しいこと。

よくコーヒーを飲みに行く、いなだ珈琲舎の稲田さんから
ファンレターを頂きました。
LITERS というウェブサイトさんの企画です。
この後、私が別の方にファンレターを書きます。
ファンレターのリレー、ということなんですね。
どなたに書くかはお楽しみに。

それから、書肆みず盛りに新しい本を置きました。
年明けにもまた増やす予定です。

今年一年の、関係各位のご協力に
本当に感謝いたします。
この場を借りて、お礼を申し上げます。

皆さまの新しい一年が良い始まりを迎え、
つつがなく、輝かしく過ごせますように。


2018/12/24

メリークリスマス

去年と今年は、クリスマスケーキに凝っている。
今年のケーキは、題して「山のクリスマス」。

お店が付けた公式の名前です。












カカオの香り豊かなガトーショコラみたいなケーキに、
くどくなく、胸焼けのしない生クリームがたっぷり塗ってある。
去年はキャンドルの形をしたチーズケーキだった。
すばらしく美味しいケーキなのである。

一銭ももらっていないがお薦めしたい。
盛岡市向中野の「ル・グ・メルヴェイユ」さん。
クリスマスケーキ以外の、普段のケーキも実に美味い。

ウェブサイトはないが、いろいろと情報は出ている。
ぜひとも行ってみて欲しい、損はしないはずである。