2013/03/14

祈り

去る3月11日、野田村でも東日本大震災犠牲者追悼式がありました。

あのときこの場にいなかった私が参加というのはおこがましいですが、
会場の片隅で、すこしだけ祈りを捧げさせていただきました。

夕方、村の愛宕神社参道にたくさんのキャンドルが並んでいました。















水風船を溶けたロウに浸けて形作る風船ランタンや、
ペットボトルに和紙を巻き付けた灯籠に灯がともり、しばらく見ていました。
村の人が、大人も子供も一緒になってつくった灯火です。

失われた命の安らかであることを祈り、
野田村と岩手と東北の未来に、光あれかしと祈る。















他になにができるわけでもありませんが、
自分の職能を最大限に活かしてできる限りのことをしようと、
思うことはただそれのみです。



















寒く、星のきれいな夜でした。