2014/07/16

どうぶつ驚天動地

本日は仕事で野田村まで行ってまいりました。

三陸沿岸名物『やませ』。別の日ですけど。











最近は、冬期の通行止めもとっくに解除された立丸峠を越えるルートを使います。


これが結構な山道で、木々も鬱蒼としてるし、道も狭くて
ところどころ車のすれ違いができないし、割とひやっとする道路です。
行きは真っ昼間だったのでなんでもなかったのですが、夜の帰りが・・・

山道にさしかかって最初のきついカーブを曲がったとたん、
ニホンジカが道ばたの藪からぴよーん!!

『だーっ!』と『ばーっ!』の中間ぐらいの悲鳴を上げてハンドルを切って
なんとか避けましたが先方も驚いたらしく、車道に飛んできたときの方向と
ほぼ真逆にジャンプして再び藪の中へ・・・

『マリオか!!』という突っ込みだけ入れて通過して、
さあその後がすごかった!

続けてシカ2頭(親子)、アナグマ、タヌキ、キツネ、タヌキ、野ウサギ、キツネ
の順で旧川井村から遠野の間に目撃。
遠野に入って街を越えて我が家に近づいてからも、
カモシカ、タヌキ・・・
全部、それとわかる程度にはっきりと目視しました。

2回目のキツネと野ウサギは轢きそうになったし。(かわしたけど)
親子シカとカモシカは全然驚かずに草食べてるし。(こっちはびびった)

岩手って自然豊かだなー、と、驚かされた悔し紛れに独り言を
大声で言いながら帰ってきました。

運転中だったので写真は一枚もなく・・・
代わりに猫でもごらんください。













今年だけでクマを4回も見た、という当たり年の友達もいますが、
皆さんも夜道の運転はお気を付けて・・・