2015/07/10

夏が近づく

先日、あまりにも空が焼けていたので慌てて撮影。











肉眼で見た空は、もっと広範囲に、もっと濃く深い
茜色のグラデーションで、はっとする色をしていたのです。
ほんの数分、カメラの設定なんかをいじっていたら、
あっという間にこんな感じになってしまいました。
時間の移ろいは、ごくまれに、あまりに早く感じられて
恐ろしくなるときがあります。


昼間には原木業者さんのストックを拝見しに行きました。











これはクリ。
写真を見て頂いておわかりの通り、
日差しが強くてげんなりする、夏の一日でございました。











これはオノオレカンバ。私も大好きな木です。
いつもいろいろとお世話になっている、プラム工芸さんに行く材。
よく乾いて、赤身がいい色でした。
しかし光のコントラストが強いな…思い出すだけで暑い。











こいつがいいんです、センの木!
だいぶ長いこと乾かしてあり、シルバーのなんともいえないすばらしい色合い!
今度、店舗の内装で使う予定です。

この、板材の具合を見ながら、内外装・造作にどう使おうか、
頭がフル回転する瞬間が、この仕事で一番幸せな時かも。
とても刺激を受けるんです。なぜだかわかりませんが、
ほかのどんなときよりも想像が膨らむ!

マニアックすぎてわけわかめ、と言われるのは自覚してますけども。

暑い時期は木材市場もなかなか活性化しないんですが、
継続して通って楽しみたいところです。
あんまりいらっしゃらないですけど、こういうのが好きな方、
もしもご興味がおありでしたらご案内しますよー。
あんまりいらっしゃらないですけど。