2015/09/18

茶話会について

「茶話会にはどういう人が参加していいの?」
という感じのお尋ねを幾人かの方から頂いたので、
もう一度、趣旨を書こうと思います。












茶話会では、「参加された方が聞きたいこと」を話題にします。
興味があることを口に出せば、そのことについて話が広がります。

たとえば前回は、住宅をリフォームする某テレビ番組について、
アレはどうなんだい!?という話も出ました。
みなさん、やっぱりけっこう見てるんですね(笑)

また、既に家を建てたことのある方の経験談もだいぶ話が出ました。
家は三回建てなければうんぬん・・・と昔の言葉にありますが、
一回でも経験談というのは、やはり重みがあって話が深まります。

でも、「聞きたいこと」は「家をつくること」に限らなくていいと思っています。
部屋が片付かない悩みについて。(それは自分なのか、息子なのか。)
これから冬だし、毎年部屋がなかなか暖まらないことがつらい。
そういう生活の悩みの話も、建築と結びついて解決策をさぐることが
できる場合があります。

そのときに、専門知識が必要ならば、加藤さんや私のような専門家が
必要なことをお話しすることもあるでしょう。

もちろん、これから建てる、リフォームする、どうしようか悩んでいる、
というお話でも構いません。

内容がどうあれ、「こうするのが一番です!」という答えを出すことは、
茶話会ではしません。
ご自分で納得の出来る、後悔をしないで済むような答えを出すための、
思考を積み上げていく場として、茶話会を運営しています。

だから、冒頭の質問に対する答えは、
家と暮らしについて考えたい方なら、どなたでもお越しください、
ということだけなんです。

他にそういう場がないので、なかなかイメージが湧かないと思いますが、
興味があればお越しになってみてください、といつもお伝えしています。
第二回は明日です!