2015/10/26

木立に錦

岩手は紅葉の季節です。











イロハモミジ、ナラ、ダケカンバ、ナナカマド、イチョウ、シラカバ、イタヤカエデ、
ウルシ、ヤマブドウ、ヤマツツジ、ヤマザクラ・・・
といったあたりが岩手の山で色づく木でしょうか。



車で道路を走っていて、脇の山で燃えるように染まる木々を見て
すぐに樹種がわかるようになりたいです。
一年ぐらい前にも同じことを思った記憶があります。
よくない傾向ですね。











紅葉する蔦のことを、昔は地錦と呼んだそうです。
燃える、という表現より、錦というほうがしっくり来る気もします。
昔の人は本当にいいこと言います。











寒くなりつつあり、冬の訪れにおののくような気持ちも持ちながら、
でも今の季節の色合いに、毎年繰り返し見とれるのです。