2016/07/27

夏休み子ども科学電話相談

この季節のお楽しみです。
夏休み子ども科学電話相談

NHKラジオ第一で、夏休み期間の午前中に放送されます。
らじるらじるというネット放送でも聴けます。

世界は不思議に満ちている。












昆虫、植物、動物、鳥、海の生物、川の生物、
天文・宇宙、科学、心と体、
などなどの分野にわけて、子供たちの素朴な疑問に、
その分野の専門家、研究者さんが答えます。

これがまあ、面白いこと!
ツイッターでも、実況しながら聞いている大人達がいて、
これも面白いんですけど。→まとめもあったりします。

先生方はふだん、子供相手に話す機会はそう多くないのでしょう。
できるだけ子供にもわかるように話そうと苦心する話し方、
それでもわからない時の子供の困惑、沈黙…

そうした気持ちがひしひしと伝わってくる空気感が
ほほえましくて、ずっとクスクス笑っています。

よくわかんないんだけど、返事はしなきゃ、と思うのか、
子供が「…うん。」と答えるときの、あの間!

ばっちり伝わったときの、心から嬉しそうな
「うんっ!」とか「はい!」とか、
本当にびっくりしたときの「えぇっ!」とか、
そういうのも、とっても可愛らしくて、
にこにこせずにはいられないのです。

そして、面白がるだけではないポイントもあります。

子供の質問は時として鋭く、本質的だったりします。
時には、まだ解明されていないことも質問する。
これに、先生方は「まだ大人達もよくわからないんだよ。」と
はっきり言います。

そして、なぜわからないのか、いまはどんな仮説があるのか、
自分はどう思う、などをできるだけ伝えます。

子供相手だから、なんとなくぼやかしておきゃいいや、
とは絶対に思っていない、そのことが伝わるのです。

答えを出すことより、答えを求めることのほうが
ずっと大事だと、それを伝えているのかもしれません。

そんなことも考えさせられながら、でもきっと笑います。
うだるように暑い日々、心洗われるような午前を過ごせます。
家や職場で、ラジオを聴ける環境の方はぜひ一度、
聞いてみてください。

笑っちゃって、面白くて、仕事や家事ができなくなったとしても、
責任はとれませんけど(笑)