2017/06/22

汐のにおい、街のにおい

東京出張の続き、神奈川の横須賀美術館にも行ってきた。

東京で働いていた頃、三浦半島方面には、
逗子、葉山、横浜の金沢区、鎌倉あたりには
仕事で行く機会もあったが、
じつは横須賀には行ったことがなかった。












『デンマークデザイン』という展示。
レゴや家具など、わかりやすいアイコンだけでなく、
過去から現在までのデンマークのデザイン思想の流れが
わかりやすいように展示物を選んであるように思えて、
個人的には面白かった。

美術館のロケーションも想像以上に良く、
天気も上々で贅沢な時間を過ごせた。
大混雑の超有名展の後だけに、満足感は高かった。
できるなら、良いものは静かに見るに越したことはない。

道端の、やけに鮮やかな物置小屋。












泊まりは山の上ホテル。
ヴォーリズの設計で、池波正太郎も東京住まいなのに
定宿にしていたところ。











伝統的な高級ホテルとは違う歴史をもつためか、
気詰まりなところはないし、実は宿泊料も高くない。
とはいえ内装はさすがに凝っていたし、
小物もなんとなく心に残る雰囲気。





















空気感、世界観などの言葉を、曖昧さは承知の上で
どうしても使ってしまうこともあるが、
それらは時間をかけて醸成していくものなんだろうな、
とも思う。

通りすがりに見た、駐輪場サイン。











遊戯道路、恥ずかしながら初めて知った。











鼻で感じ取る訳ではないが、
においと呼ぶのがしっくりくる、なにか。
空気。世界。
そういうものにもっと鼻が効くようになりたい。