2012/11/21

CARTA partita

岩手県の県都・盛岡の中心街は、古い建物、ふるくから続く店、
ゆかりの文化人の足跡、町の真ん中をゆったりと流れる川、
などのおかげか、穏やかで文化的な雰囲気を持つ街です。

築約200年、当時もいまも荒物屋さんであり続けるお店、とか。













グッとくるものがそこかしこにある、グッとくる街の中にあって、
ひときわグッとくる喫茶店、cartaさん。
県民会館の裏にひっそりと、盛岡のふだんの暮らしに
寄り添うような佇まいです。

看板もすてき。
















そちらで開催中の、cartaのcarta展にお邪魔してきました。
目的は辻恵子さんのポストカード作品。
先日投稿した、4年目のNYG展にご出展くださる作家さん。

とても素敵なイラストを描かれるので私もファンです。
どうしても見に行きたくて、自分の本業(住宅設計)の
打合せとブッキングした、というわけです。


購入してきたのはこちら。












・・・写真がドヘタクソで・・・(泣)ず、ずびばぜん・・・
実物はもっといいので是非ともcartaさんへ!
(この写真で判断されては関係各所に申し訳ない・・・)

辻さんのこのイラスト、白地に黒で描いた数字をうまく切り抜いて
キャラクターを生み出しているわけですが。
見事にストーリーになっていることに、見るたび驚嘆します。

独特のこの感じ、本当に見飽きなくて、じっと見ていると動き出しそうです。
素敵なものに触れて自分のアンテナが反応する瞬間、
ほんの一瞬だとしても、とても楽しい・刺激的な体験です。

絵本も出版していらしたり、HPでも紹介されてたりするので、
ぜひご覧ください!


ところで、タイトルの『carta partita』。
用船契約書を意味する“charter party”の語源となった、
中世のラテン語なのだそうです。

大昔の海運事業は事故も多く、契約に関わるひとが不慮の事態に
陥ることもとても多かった。
行く先の外国が、自分たちとはまったく違う文化・風習・制度で
成り立っているのは現代と同じ。
だからトラブルもとても多い海運の世界では、一枚の紙に詳細を書き、
関係者の人数分にその契約書を裂いて保管し、なにかことが起これば
それを持ち寄って確認し、齟齬や間違いを防いだのだそうです。

『carta partita』というのは直訳すると、『分割された紙』の意味だそう。

まったく違う趣旨、デザインの様々なカードが集まって、
ひとつの楽しい世界を構築している“carta の carta 展”を見て、
そんな言葉を思い出しました。


そして辻さんもご参加くださり、webで告知してくださっている
New Year Greetings展、こちらも、日本各地にいらっしゃる
たくさんの作家さんから、新しい年を祝う心が集まってひとつになる
楽しい展示ですよ!

市販の年賀状や、宛名書きソフトの付録イラストでつくる年賀状とは
まったく違う、素敵な作品がそろう展示ですが、
ご興味のある方は、ぜひfacebookページ(→)からお尋ねください。

2012/11/13

『New Year Greetings 展』来年もやります。

4年前の秋に、友人が誘ってくれたのをきっかけに、
年賀状を展示するイベントのお手伝いをさせてもらいました。

単発のつもりだったそのイベント、いろんな方のご協力を得て
3年続き、来年もまた開催が決定しました!

空間も美しい。ハンマースホイのような。
















西荻窪の住宅街にある、水盤が美しいギャラリーです。

美しい水盤、年賀状展の頃はいつも氷が張ります。
















活版印刷、カリグラフィー、版画など、様々な芸術技法の、
それぞれの美しさを肌で感じ、毎年正月早々に高揚します。
建築デザインにも、いろいろと通ずるところがあって、
毎年とても楽しく、勉強させてもらいながらお手伝いしています。

昨年、設営中。
















本当に素晴らしい作家さんたちの作品が100点超、毎年並んでいます。

みずのそらのご主人と、ananas press山元さん都筑さんとともに、
今年も正月にせっせと会場に並べます。

DMができあがったらまた詳しく告知しますが、
本当に楽しい展示なので、みなさまどうぞお越しください。













毎年の年賀状に自信のある、我こそは!という方のご参加も
お待ちしています。
楽しんで作っているだけだけど、という方の作品もお待ちしています。

参加希望の方、ぜひご一報ください!!

2012/11/09

食欲の秋、催事の秋

めっきり秋めいてきて、ここ岩手は朝晩がもう寒いです。
しかし、寒さを吹き飛ばす楽しそうな、美味しそうなイベントが
あちこちで行われています。


こちらは久慈市の産業まつり。

専用の釜(?)で焼く海産物。激うま。















珍しい『しめさんま』。悶絶。
















沿岸の町だけあって、おいしい海産物が山ほど食べられるイベントでした。

久慈市消防隊員の模擬訓練、地上15mから降下。失神。
















野田村でも産業まつりが行われていました。
町の規模がちいさいこともあって、久慈市よりもちいさな会場ですが、
アットホームで楽しい!

のんちゃんが商品争奪じゃんけんに参加。(グー限定)
餅まき。アドレナリン出ますねーっ!

こちらも海産物中心に、新鮮で美味しいモノがたくさん。
越してきたばかりのタイミングで紹介も遅かったですが、
来年も楽しみにしてるのでまた紹介します。

おとなり青森県の港町・八戸市は朝市が有名。
その中の、陸奥湊朝市に行ってきました。

到着が8時頃で、ピークの喧噪は収まっていたようですが、それでもかなり人がいました。

奥の一角に食堂が。













港町の朝市は勝手丼というのが有名なようですが、普通のご飯も食べられます。

これで2人分、残すほど多かったのに1,200円。













昼食が要らないくらい腹一杯食べてきました。
歩いて見てるだけでも気分が良くなってくる朝市、買いすぎ食いすぎ注意です。

・・・本当にふとる・・・絶対にふとる・・・運動しなくては。

今月中はあちこちで、こんな具合にイベントがあります。
太らないよう歩きまわってきたいと思います。


こっそり、自分のイベントも告知をば。












イオンモール下田で住宅相談会のイベントに参加します。明日・明後日です。
お近くの方、通りすがりの方、ぜひお寄りください。