2015/12/30

笑って



Kさんの顔は、笑顔しか思い出せない。

垂れ目で下がり眉の、笑い顔の美人で、竹を割ったような性格だった。
初めてお会いしたころ、60歳にはまだ間があったはずだ。
髪をきれいな色に染め、いつ見てもおしゃれで姿勢が良く、
いつも機敏で快活で、雰囲気はどう見ても私より年下のようだった。

何年か前、年賀状展の打ち合わせを終えて、皆で食事に行こう、と
Kさんが言い出して、Kさんが今日はどうしてもそこへ行きたい! という店に
勇んで歩いて行ったことがあった。

15分ほど歩いて着いた店の前には、定休日の看板。

「なんで定休日確認しないかなーもうっ!」と何度も言って、
涙が出るまで笑って、悔しがっていた。
私たちにも、その笑いが伝染してしまって、
ハタから見たら変な人たちだったろう。

「ここのカレーほんとにおいしいんだから!
 きっとまた来よう、ねっ!…くっそー、定休日かー…」と、
泣き笑いに何度も何度も言っていた姿も、食べ盛りの高校生のようだった。



Kさんのお別れ会の日は、真夏日だった。

眩しい日差しが差し込むギャラリーに飾られていたKさん自身の写真は、
どれもニコニコしていて、本当に笑顔の絶えない人だったのだな、と思った。
ギャラリーに長い時間いるときも、いつも面白い話ばかりして、
そこにいる皆が大笑いばかりしていた。

当時たばこを吸っていた私の姿を見て、目を丸くして
「似合わないねー!」と言っていたときのKさんも、きれいな笑顔だった。
たばこを減らし、やめるに至るきっかけも、その笑顔だったと思う。

知り合ったはじめの頃、あまり笑わない私をKさんは本気で心配していた。
「可笑しいなら笑ってよーもうっ」と笑いながら言われたことも思い出した。

ただただ眩しい笑顔の写真を見ていられなくなって、
友人の食事の誘いも断ってギャラリーを出た。

それから、ついにKさんとは一緒に行くことのできなかった店に初めて入って、
カレーを頼み、最後にビールを一杯だけ飲んで、帰った。

その夜も、暑かった。




2015/12/25

今夜の月は妙にきれいでした。











・・・写真はいまいちですけど。
満月だったようです。
風が冷たく、寒い夜です。


2015/12/20

ペンタ

先にお断りしておきますが、今日は長い割には他愛もない話です。

ひさしぶりに、カメラ教室に参加しました。
東京にいたとき、私が好きな写真を撮る数人のプロ写真家の方の、
カルチャースクール的な気軽な教室にたまーに参加していましたが、
岩手に帰ってからは初めて。

座学で技術論を伺って、会場近所の公園で実際に撮影しました。

座学で鉄瓶撮ってみたりとか。











2015/12/09

雲の影

山肌に雲の影が映る姿が、なぜか昔から好きです。











初期のジブリアニメで、草原に雲の影が映る絵をよく見た気がします。
どのシーンだとか、具体例こそ思い出せませんが、
しばしば脳裏に浮かびます。

空も陸もつながっているんだ、ということを感じたりするのかな。
もっと雄大なものを感じ、また少し寂しかったりもするのかな。
自分でもよくわかりませんが、そうした言葉にならない感情が
原風景として残っているのかもしれません。

先日積もった雪は、その後ドカッと降ることもなく、
日陰以外は溶けました。
とはいうものの、気温はもう冬に入っています。

寒い中でも暑いアイーナの一室で、今月も茶話会があります。
12月12日、今週末の土曜日・午前中です。
参加ご希望の方はこちら→ から、ご面倒ですが
ご連絡を頂けると助かります。

人と話すことでようやく言葉になる、得体の知れないものが
心の中にうずくまっていることがよくあります。
それを吐き出して、形にする場になるといいな、と
いつも思っています。
ご興味のある方はぜひお気軽にお越しください。

2015/12/05

積もる話

山々はすでに白かったんですが、下界でもついに積もりました。











とはいえ、まだ最低気温も-1℃程度なので
雪も湿り気が多いです。重い!

京都に、丸窓と四角い窓が隣り合っている部屋が有名な、
源光庵という曹洞宗の寺院があります。


こちらは、まだ紅葉が楽しめる、という情報が。
近畿と東北では、季節に一か月以上の差があるのだ、
としみじみ実感。

さあ、冬です!