2016/12/31

ゆく年

2016年は今日が最後の日ですね。

郵便局で、切手を買ったおまけに入手。











振り返って、しんどく辛い状況もありましたが、
一年充実していた、と思えるのは幸せです。

つくる仕事をしていく上で、常に意識しているのは
視野狭窄にならないこと、固定観念を持たないことです。
そのために、設計の仕事とは違うことに
できるだけ関わっていこうと思っています。

今年も、たくさんの寛容な方に助けていただき、
いろいろなことにチャレンジできました。
この場を借りて、お礼を申し上げます。

そのおかげで、視野を広げ、
設計者としての引き出しを増やせたと感じています。

『何年この仕事をやってる』ではなくて、
『どんな物事を見てきた』を積み上げられるように、
そうして一年後にまた、充実していた、と
思えるようであれば、と思います。
来年も、今年とはまた違ったことにチャレンジできそうです。

今年一年、ありがとうございました。

どうぞ、良いお年をお迎えください。

2016/12/30

黙祷

一昨日、電通の石井直社長の辞任がニュースになりました。
ご存じの方も多いであろう去年の事件・問題の引責だそうです。

ニュースを見て、少し前に読んだブログを思い出し、読み返しました。
こちらです。

「広告業界という無法地帯へ」(マエダショータさん)

元電通のコピーライターだった方のブログです。
長いはずの文章ですが、すんなりと読めるはずです。
少しだけ時間を割いて、ぜひ読んでみてください。

電通という会社に私がどういう印象、心証を持っているかは
ひとまず措いて、
なにかを『つくる』という仕事の側面のひとつが、
精密に書かれていると感じます。

建築の世界にも、似たようなことがよく起こります。
というより、そうした“無法”に首まで浸かって、
皆仕事をしています。


2016/12/27

年明けのお知らせを・・・

まただいぶご無沙汰をしまい、きちんと更新しなさい、
とお叱りを受けました。
このブログを読んでくださる皆様が励みです、
ありがとうございます。

ばたばたと飛び回っているうちに年末です。
雪のなさも手伝ってか、ぜんぜん年末感がない・・・

ろくに記事も書かず、年末らしさもないままですみませんが、
年明けのことをいくつかお知らせさせていただきます。

2016/12/06

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

タイトルの『閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)』は、
二十四節季をさらに三つに分けた七十二候の『初候』。
『天地の気が塞がって冬となる』という意味だそうです。

文字通り、冷たい北風で体感温度も真冬でした。
現場でも風が強く、職人さんは手を息で暖めながら悪戦苦闘…
ほんとうにお疲れさまです。











風が強かったせいか、町並も埃っぽく、霞がかって見えました。


2016/11/15

茶話会のお知らせ

今年の紅葉は、赤がよく出なくて黄葉ばかりで、
鮮やかさが足りなかったのだそうです。











自然のことですから当然、年によって状況によって
ばらつきはあるでしょう。
寂しいところもありますが、来年に期待したいです。

2016/11/08

晩秋の色











週間天気予報で、ついに最低気温が氷点下の日が出てきた岩手です。
空の色も、ずいぶんと冴えてきたようです。
ある日の紅葉と月。


2016/10/30

移転のお知らせ

ある日の岩手山、うっすらとした夕焼けが
なんということのない日常のようで。











この近さで岩手山を望むのも、見納めとなりました。
移転をいたしました。→こちらのページ下部へ


2016/10/17

甲斐へ

所用があって、甲府市へ行って参りました。

私たち世代の男の子はほとんどが知っているであろう、
コーエーの「信長の野望」にまんまとはまったクチである私には、
甲斐・信濃はあこがれの強い土地です。

とはいえ遊びに行ったわけでもないので、
車ではきつかった…次は電車かな。

2016/10/07

家と人。32号

今日はひどく冷え込んだ岩手、
岩手山で初冠雪が観測されたそうです。
平年より6日早いとか。

昼にはもう融けて、下界からは見えなくなっていましたが
確かに朝、白かったです。
(写真は取り損ねました。)

冬の気配が静かにせまるなか、
最新号の『家と人。』32号が発行されました。
















今号、特集の短い物語8編が染み入ります。
誰の記憶にも似たような景色、物語があるのではないでしょうか。
台焼の杉村さんは、製作の姿も器も、変わらず美しく。

家は、それ単体の存在や見た目だけでなく、
その土地の環境やそこに住む人の物語があってこそ価値を持つ、
とあらためて感じさせてくれる内容です。

ぜひご覧ください。

2016/10/04

地鎮祭

たまには現場リポートでも…
先日、地鎮祭を執り行いました。











工務店さんのスムーズな手配のもと、つつがなく開始。

2016/09/24

前回の更新は夏でしたが、岩手はもう秋です。











だいぶご無沙汰した間にもいろいろなことがありました。

2016/08/08

お暑うございます

8月7日の立秋を過ぎたので、残暑お見舞い申し上げます。
まだ夏、真っ盛り!! という感じですが。

先日の花火大会で写真を撮りましたので、
画像で涼んで頂ければ・・・






































たーまやー!(って叫んでる少年がいました。風流!)





























かーぎやー!

無駄に疾走感のある花火(撮影ミス)

















































日中は酷暑でしたが、涼風と花火で涼を得た、
夏らしい一夜でした。

2016/07/31

梅雨明け

昨日、東北も梅雨が明けました。

今年の梅雨は長かった…気がします。
今日も蒸し暑いけれど、やっぱり夏になった気もする。
これからカラッと晴れてくれれば、と祈る気持ちです。

梅雨の名残に、満開の紫陽花。











雫石のお蕎麦屋さんの、庭の一角にありました。


2016/07/27

夏休み子ども科学電話相談

この季節のお楽しみです。
夏休み子ども科学電話相談

NHKラジオ第一で、夏休み期間の午前中に放送されます。
らじるらじるというネット放送でも聴けます。

世界は不思議に満ちている。










2016/07/19

いつのまにか

最近は、寝るときにタオルケットと毛布をかぶります。
掛け布団はもう、さすがに使いません。
それでも朝、肌寒くて目覚めることがしばしば…

もう七月なのに、と思っていたら、今朝の出かけぎわに、
蝉の声を聞きました。











声のするほうを慌てて撮りました、蝉は見つからなかったけど。
カナカナ、っぽい鳴き方だったので、やっぱりヒグラシでしょうか。


2016/06/30

目を開き、耳を澄ませ

だいぶご無沙汰してしまいました。
この一年、週一回はブログを更新することを
密かに目標にしてきたのですが、惨敗です…

この1か月ちょっと、なかなかいろんな思いをしました。


2016/06/01

週末、クラフトフェア松本に行ってきました。
質の高い作品が多く並ぶ、最大級のクラフトフェア。
やはり、感性の触媒になるものごとがたくさんありました。











新緑の眩しい季節に、山でなく街を歩き回るのも
心が浮き立つようで、楽しいものです。

2016/05/26

もう片方

まことに情けないことだが、作家は割符を書く。
他の片方の割符は読者に想像してもらうしかないのである。
どんなすぐれた作品でも、50%以上書かれることはない。
小説は、いわば作り手と読み手が割符を出しあったときにのみ
成立するもので、しかも割符が一致することはまずなく、
だから作家はつねに不安でいるのである。
(ひろい世間だから、自分と同じ周波数をもった人が
 二、三千人はいるだろう)
と、私などは思い、それを頼りに生きてきた。
(司馬遼太郎/『以下、無用のことながら』「私事のみを」冒頭)


司馬さんは小説の世界のことを書いています。
小説は、世に出たときには完成品で
読み手の反応を見てから中身を変えることは出来ない点で
コミュニケーションとは違う、と言えば言えるのですが、
骨格は同じだと思います。

2016/05/17

ツバメ

外食ばかりじゃ やっぱ いけないね
タバコの量も ちょっと多いかもね (ツバメ/山崎まさよし)

と口ずさみながら外食していたなあ…











今年も、こんにちは。
彼らもまた、春の風物詩です。


2016/05/12

山笑う

田んぼのしろかきが始まって、水が湛えられているのを
みかけるようになりました。











夜、眠る段になって蛙の声が気になる季節ももうすぐです。


2016/04/30

最後の便り

滝沢でも桜が咲いています。
散り始めているところもありますが、
山に近づくとこれからのところも。

事務所の裏手には今が満開の桜と、
たぶん椿が。











山茶花ではないと思うんだけど、自信はありません。

岩手でも、桜の便りは最終便でしょうか。
二戸とか、北のほうはどうかな。


2016/04/24

のどか

先日仕事で向かった花巻の現場。

当日の気温は18℃で、薄曇りの穏やかな日でした。
犬もなんとなくのんびり、ごろごろしてました。
















すぐに飽きて昼寝。

2016/04/11

4月らしさ

いつのまにか、ばっけももう食べられないほど伸びていました。











ふきのとうのことです。
もうフキに育つしかないですね。

日の当たる斜面には、タンポポも咲いて
すでに綿毛になっているものも。











春爛漫、みたいな写真ですけど、
実は1時間ほどの晴れ間に、隙を突いて撮りました。
実は岩手は今日、吹雪…











山の方はこんなありさまでした。
物凄いトーンの差。
岩手の春爛漫は、まだ先です。

どさくさに紛れて告知ですが、今月の茶話会は
今週末に近づいておりました。
4月16日土曜日の午前9時30分から、いつものアイーナ809号室です。
新年度を迎えて、落ち着いたら家づくりを考える方も
いらっしゃると思いますが、その前に頭を動かし始める
ウォーミングアップの場としていかがでしょうか。

ご自分の望みを見つめ直したり、
あまり身近でない住宅建設現場のことなど、
話を交わすのも面白いですよ!

2016/04/01

もう…

…もう4月だと聞いたんですが、本当でしょうか。

去年の夏から、週イチ更新を自らに課してきたブログですが、
一年保たないうちにまるまる2週間、空いてしまいました…

先月、1週間ぐらいとばしませんでした?
誰かUNOのSkipカードとか、使いませんでした?
なんか納得できないうちに時間が経ってしまいました。

…未練がましいので切り替えていきます。


2016/03/19

He's Back...

先日、朝から現場だった日がありました。

午前10時半ぐらいから気温がぐんぐん上がりはじめ、
あー春になってきてるねーなんて言ってるうちに
上昇気流でもできたのか、すごい風。

春一番だったかも。
ときおり目も開けられない有様でした。


2016/03/08

今度こそ、春へ

先週、春に向かいつつあるなんて書いた翌日。

もさもさ。











この積もり具合。
家の周りは30cm以上積もりました。

それからは特に降ることもなく…

ぴーかん。











道も道端も雪は融けてこのとおりでした。

2016/03/02

春へ

3月に入りました。

白鳥が飛びながら啼く声にいちいち反応してしまいます。
以前も書いたかもしれませんが、白鳥好きなんです。

ハクチョウとマガンがたくさん。












いま飛んでいる白鳥たちはもう北へ帰るのでしょうか。
白鳥が飛び去る姿を見ると、春が近づいている感じがします。

白鳥は日本で越冬したあと、北海道で集結してから
4月頃にシベリアへ向かうのだとか。
今年は暖冬ですから、帰るのも早いのかもしれません。

3,000kmから4,000kmの過酷な旅をこれから始める姿に、
なにかしら感じるものがあります。
がんばれ!

2016/02/23

朧月夜

昨夜は朧月夜でした。
夜空が明るく、帰り道、目の前の
岩手山が青く沈むように闇に佇んでいて、
少しのあいだ眺めました。
星が綺麗でした。


先日、打合せをしたお客様から頂いたメールに、
亡くなったお母様と歩く夜道で、
「星が綺麗だね」と声をかけた時、「そうだな」と言って
足を止めてくれた思い出に、お母様の優しさを感じた、
とありました。

こんな一文も引用しておられました。

「…人が喜んだり、悲しみに耐える時間は、
静謐であることが望ましいのだ。
喜びがつかの間でも淋しいし、
苦しいことがすぐに解消されては、
切ないことだが人生を学ぶことも知ることも希薄になる。

それを噛みしめる時間というものこそ、
生きている証なのだろう。
私たちは、少し急ぎすぎたのかもしれない。」
『それでも前へ進む』(伊集院静/講談社)

「見て、星が綺麗」と、好きな人に言われて
胸が温かくなった夜のことを、
静謐な星空を眺めながら、不意に思い出しました。

2016/02/13

夢にもおもわぬ

つい今し方、衝撃の事実を知りました。


…うそでしょ!?

物心ついて三十数年、ほかの語源があるなんて
夢にも思わなかった…
露程も疑わなかった…

今年はなんか、衝撃のニュースが多いですね。

2016/02/03

大脱走

動物園の動物が、災害時などに脱走したときの訓練があると
聞いたことはあったんですが見たことはなく。

そしたら今年の上野動物園のが話題になってました。

関係者の皆さんは本当に大まじめで、
対策のブラッシュアップとかきちんとやってらっしゃるそうです。
しかし…

笑わずにはいられない。んふ…んふふ…ってずーっと笑います。
最初の3秒、ただの散歩やん。

ぜひご覧を。

2016/02/02

羽根

今日は雪がゆっくりと降っています。
風が強いと、「舞う」という感じになりますが、
ゆっくりゆっくり、「落ちてくる」というような雪は好きです。

事務所の裏には、羽根がひとひら落ちていました。











トンビの風切り羽が抜けたのでしょうか。
一見してカラスでないのはわかるし、
トンビならば珍しくもないし。
検索してみると模様がちょっと違うんだけど…

もし珍しい鳥の羽だったら大興奮です。
詳しい方がいらしたらぜひ見て頂きたい!

この鳥は、抜けた羽根一枚を残して
どこから来てどこへ行ったんだろう。
いろいろ想像してしまいますね。

朝起きたら枕に落ちている、抜けた髪の毛を見る感傷とは
まったく違います。

……。

2016/01/27

2月の茶話会のお知らせ

※2月の茶話会の日程、本文中に2月10日と書いてしまいましたが、
 2月20日(土曜日)の誤りです。失礼いたしました!

今月の茶話会も、ゆっくりとお話が出来ました。
















この写真は、お越しくださった方のお子さん(2歳)が
iPhoneをいじって撮ったもの。
えらくセンスある感じ…才能に嫉妬。












ホワイトボードも使って施工技術的な面もお話ししたり、
最初の頃より踏み込んだ話にもなりました。

聞きたいことを聞く、というほうが、一方的な話を聞かされるより
実になるのは当たり前かもしれませんが、さらに役に立つ、
思考の幅を広げるような会話ができれば、
とはいつも心がけています。

次回は2月20日(土曜日)の午前です!

2016/01/19

今年最初の茶話会

年末の投稿で、1月の茶話会の頃には積もってるだろうか、
と書きましたが、積もってます。











この週末、23日(土)の午前中に茶話会を行います。
茶話会ももちろん天候次第なので「是非に!」とは言えないですが、
ご興味があればご連絡ください。

週間天気予報では、雪ですね…

岩手県の沿岸ではあちこちで停電があって、
復旧が追いついていないところもあるようです。
天候も荒れて、様々な事故に警戒が必要。
大事に至らないといいのですが。
どうか、皆様お気をつけて!

2016/01/15

塗る

過日、友人の塗師さんのところで作業を見せて頂きました。











漆の器、ひいては漆そのものや漆を掻く姿など、
ひとの命より長い時間、姿を変えずに営まれているようにも見える
この素晴らしい世界に魅了されて、
なんか今までもいろいろ書いてきたんですが
実は「まさに塗っている姿」を見るのは初めてでした。


2016/01/07

あけましておめでとうございます

2016年になりました。あけましておめでとうございます!
まだ松の内ですのでセーフ。

初詣は盛岡八幡宮へ行ってきました。











参拝客もだいぶ減った頃ですが、それでも賑やかな感じでした。
写真には写ってませんが、露店も出ておりました。
2015年はろくにお祭りも見ていなかったので、
露店のならぶ姿もひさしぶりで楽しかったです。