2016/12/31

ゆく年

2016年は今日が最後の日ですね。

郵便局で、切手を買ったおまけに入手。











振り返って、しんどく辛い状況もありましたが、
一年充実していた、と思えるのは幸せです。

つくる仕事をしていく上で、常に意識しているのは
視野狭窄にならないこと、固定観念を持たないことです。
そのために、設計の仕事とは違うことに
できるだけ関わっていこうと思っています。

今年も、たくさんの寛容な方に助けていただき、
いろいろなことにチャレンジできました。
この場を借りて、お礼を申し上げます。

そのおかげで、視野を広げ、
設計者としての引き出しを増やせたと感じています。

『何年この仕事をやってる』ではなくて、
『どんな物事を見てきた』を積み上げられるように、
そうして一年後にまた、充実していた、と
思えるようであれば、と思います。
来年も、今年とはまた違ったことにチャレンジできそうです。

今年一年、ありがとうございました。

どうぞ、良いお年をお迎えください。

2016/12/30

黙祷

一昨日、電通の石井直社長の辞任がニュースになりました。
ご存じの方も多いであろう去年の事件・問題の引責だそうです。

ニュースを見て、少し前に読んだブログを思い出し、読み返しました。
こちらです。

「広告業界という無法地帯へ」(マエダショータさん)

元電通のコピーライターだった方のブログです。
長いはずの文章ですが、すんなりと読めるはずです。
少しだけ時間を割いて、ぜひ読んでみてください。

電通という会社に私がどういう印象、心証を持っているかは
ひとまず措いて、
なにかを『つくる』という仕事の側面のひとつが、
精密に書かれていると感じます。

建築の世界にも、似たようなことがよく起こります。
というより、そうした“無法”に首まで浸かって、
皆仕事をしています。


2016/12/27

年明けのお知らせを・・・

まただいぶご無沙汰をしまい、きちんと更新しなさい、
とお叱りを受けました。
このブログを読んでくださる皆様が励みです、
ありがとうございます。

ばたばたと飛び回っているうちに年末です。
雪のなさも手伝ってか、ぜんぜん年末感がない・・・

ろくに記事も書かず、年末らしさもないままですみませんが、
年明けのことをいくつかお知らせさせていただきます。

2016/12/06

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

タイトルの『閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)』は、
二十四節季をさらに三つに分けた七十二候の『初候』。
『天地の気が塞がって冬となる』という意味だそうです。

文字通り、冷たい北風で体感温度も真冬でした。
現場でも風が強く、職人さんは手を息で暖めながら悪戦苦闘…
ほんとうにお疲れさまです。











風が強かったせいか、町並も埃っぽく、霞がかって見えました。