2018/09/01

今年も例年どおり、夏らしいことを
何ひとつしないまま夏が終わった。
8月はいつもそうである。

その合間に撮った夏の風景をいくつか。












































今年が平成最後の夏になる。
酷く暑く、天候も荒れた年だった、と
記憶することになるだろう。
いまは、辛い記憶のほうが多い。

個人的なことを言えば、進めたいことが
いくつかあって、そのための時間が取れずに
水の中を歩いて進むような感覚の中にいる。

過ぎ去ってから振り返るとき、
どんな印象に変わっているのか。
不安でもあるが、楽しみでもある。