2018/12/24

メリークリスマス

去年と今年は、クリスマスケーキに凝っている。
今年のケーキは、題して「山のクリスマス」。

お店が付けた公式の名前です。












カカオの香り豊かなガトーショコラみたいなケーキに、
くどくなく、胸焼けのしない生クリームがたっぷり塗ってある。
去年はキャンドルの形をしたチーズケーキだった。
すばらしく美味しいケーキなのである。

一銭ももらっていないがお薦めしたい。
盛岡市向中野の「ル・グ・メルヴェイユ」さん。
クリスマスケーキ以外の、普段のケーキも実に美味い。

ウェブサイトはないが、いろいろと情報は出ている。
ぜひとも行ってみて欲しい、損はしないはずである。

僕は若い頃、ケーキをあまり食べなかった。
多分、一個も食べなかった年もあるはずである。

子供の頃のことをあまり記憶していないのが残念だが、
高校生以後は、クリスマスにケーキ、などという
イベントも皆無だった。

甘い物があまり得意でなかったし、
大勢の人が集まるイベントごとも、
正直に言えば苦手である。
誰とどう会話をしていいかわからない。

サプライズも、するのもされるのも決まりが悪い。
サンタクロースは、どうだったか…
たぶん信じていなかった。
プレゼントは親から受け取ったつもりでいたと思う。

性格がクリスマスに向いていないのである。

それなのに、40歳目前にして、ケーキひとつで
こんなに盛り上がるとは思いもしなかった。

若い頃は無理をしても酒を飲むことがあったが、
いまではほぼ下戸である。
その代わりなのかどうなのか、甘い物に対する
ハードルが下がった。

食べ物に限らず、自分が受け入れられるものは
多いほうがよい。
お店ごとのクリームの味、チョコレートの味、
小麦粉の味、いろいろと違うことも、
わかってくると面白い。

平成が終わる前に開眼できてよかった。